佐橋佳幸がシルバーブルーグラスグッピー

高齢の方や慢性的な病を持っている人は、特に肺炎になりやすくて治るのに時間がかかると言われているので、事前に予防する意識や早め早めの治療が肝要です。
めまいが現れず、長時間続く耳鳴りと低音域の難聴だけを数回発症するパターンのことを「蝸牛(かぎゅう)型メヌエル病(Cochlear Meniere's Disease)」と診断する事例があることは意外と知られていません。
演奏会やライブなどの場内や踊るための広場などに置かれたものすごく大きなスピーカーのすぐ近くで大音量を浴び続けて難聴になってしまうことを「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と呼んでいます。
悪性の卵巣腫瘍である卵巣ガンは、通常ならばヒトを癌にさせない作用を持つ物質を製造するための鋳型みたいな遺伝子の異常が原因で起こってしまう病気だと言われています。
杉花粉が飛散する頃に、まだ小さな子どもが体温は平常なのに頻繁にくしゃみをしたりサラサラした鼻水が出続けている症状だったなら、『スギ(杉)花粉症』の可能性があるかもしれません。
内臓に脂肪が多いことによる肥満が診られて、脂質(ししつ、lipid)、塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2~3個に一致するような状態のことを、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)と呼んでいます。
バイキンやウィルスなどの病気を引き起こす病原微生物、即ち病原体が口から肺に潜り込んで伝染し、左右いずれかの肺が炎症反応を露呈している有様を「肺炎」と総称しているのです。
基礎代謝(Basal Metabolism、BM)とは人間が何もせずにじっとしていても使用するエネルギー量のことで、その50%以上を全身の様々な筋肉・内臓の中で一番大きな肝臓・頭部の脳の3種類が占めていると考えられています。
自動体外式除細動器AED)は医療資格を持っていない方にも取り扱うことのできる医療機器で、機器から流れる音声ガイダンスの手順通りに行動することで、心臓が小刻みに振動する心室細動の治療の効果をみせます。
体脂肪率(percent of body fat )」というものは、人の体内の脂肪が占めている度合いで、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪量(キロ)÷体重(キログラム)×100」という数式で分かります。
脂漏性皮膚炎というのは皮脂の分泌異常が要因で現れる湿疹で、皮脂の分泌が乱れる誘因としては男性ホルモンとエストロゲン・ゲスターゲンの均衡の乱れやナイアシンなどビタミンB複合体の慢性的な枯渇などが大きいと言われているのです。
様々な花粉症の症状(鼻みず、鼻づまり、連発するくしゃみ等)のために夜間よく眠れない場合、それが因子になって慢性的な睡眠不足となり、翌朝起きてからの諸活動に良くないダメージを及ぼすこともあります。
お薬、アルコール、合成された食品添加物等を酵素で分解して無毒化する作用の事を解毒と称し、肝臓の最も重要な職責のひとつです。
チェルノブイリ原発事故に関する数十年に及ぶ追跡調査のデータをみると、大人と比較して若い子供のほうが飛散した放射能の深刻な影響を受けやすくなっていることがわかっているのです。
開放骨折によりひどく出血した時に、血圧が急降下して目眩やふらつき、冷や汗、胸のムカつき、座っていても起こる意識消失発作などのいろんな脳貧血の症状が出てくるケースがあります。